住宅ローンが残っていても「任意売却」で家の売却は可能! | 不動産買取業者に家(マンション)を売って後悔する前に確認すべきサイト

住宅ローンが残っていても「任意売却」で家の売却は可能!

夢だったマイホームを手に入れるときには、それなりの覚悟を持って購入をするようになります。住宅ローンを組み支払いをしていかなくてはなりませんので、支払いが滞ることがないようにしなくてはならないからです。しかし住宅ローンを組んだ時には支払える金額で購入をしたものの、病気やケガなどによって支払いができなくなることがあります。

一時的なものであれば貯金などを切り崩して支払っていくことが出来るかもしれませんが、回復が難しく今まで通りに支払っていけないのであれば、売却を考えて安い家賃のところに引越しをしたほうがいいでしょう。収入に見合っていない住宅ローンの支払いは、生活を苦しくするだけです。

早急に手放すようにしたほうが、高く売れる可能性もありますので、売却を考えてみてもよいでしょう。

しかし、ここで大きな疑問が出てきます…住宅ローンが残っている場合にでも家を売ることはできるのでしょうか。

ローンが残っていても家は売れますが…

住宅ローンが残っている家を売る場合には、買いたいといってくれる人がどのくらいの金額で買い取ってくれるのかがポイントになります。

もしも1000万円の残債がある状態で売る場合、700万円で売るとなると、300万円のローンが残る形になるでしょう。その300万円はどうなるのかというと、現金で用意するようにしなくてはなりません。何とか現金で300万円を用意できるのであれば、それで売却をすることが出来ますので、それが一番スムーズに自宅を手放す方法になるでしょう。しかし住宅ローンを支払うのが苦しいというのに、現金でそれだけのお金を用意することが出来るものでしょうか。

任意売却という方法があります

親戚などに借りて用意できればいいですが、それだけの大金を借りるのは簡単ではありません。そうなると手放すことが出来ないのかとなりますが、他にも任意売却をする方法があります。この方法の場合、ローンのお金を借りている金融機関と相談のうえで同意をしてもらえれば、そこから売却の話を進めていくことが出来るという方法です。

任意売却のメリット:複数回に分けて残債を返済できるので負担が減る

勘違いしてはいけないのは、いくら金融機関の同意を得ることが出来たとはいっても、残債部分がなかったことになるわけではありません。

残った300万円はきちんと返済をしていく必要があります。しかしその300万円は一度にまとめて払うのではなく、毎月支払う金額を減らしてもらい、支払っていくようになります。月々支払う金額はいくらになるかは、金融機関と話し合いを持つようになるでしょう。

支払う人の経済状況に応じて金額が決まるようになりますので、一般的にはそれほど高額なお金を支払うわけではありません。大体月々1万円から2万円程の支払いで了承してもらえることも多いですので、月々の負担はかなり軽くなるでしょう。

一万円から二万円の支払いであれば、今までのローンの支払いに比べればかなり負担が軽くなります。

それならば、他に安いアパートを借りて暮らしながらでも支払っていけなくもないでしょう。しかし金融機関からしてみると、任意売却に応じるのはメリットがあるのでしょうか。

金融機関から見た任意売却

金融機関としては、貸したお金は返してもらわなくてはなりません。これから何年かして、まったく支払うことが出来なくなり、家にも価値がなくなってしまえば、貸したお金が帰ってこなくなる可能性があります。それでは金融機関としても大きな損失を出してしまうことになりますので、そうならないためにもこの方法を使ってお金を回収していこうと考えています。そのため、損失を出さずに済むという点からも金融機関にとってもメリットがあるのです。支払いに困った時には、早めに相談をするようにしなくてはなりません。早く相談することによって、生活が破たんする前に何とかできるようになるでしょう。一番いけないのは残債問題の放置です。

絶対に残債問題を放置することだけは避けましょう。



このページの先頭へ